示談を安易にしない

ただ私達は、泣き寝入りをしなければならないということではなくて、最高裁の判例では、示談の時点で予想できなかった追加の治療や示談が成立した後に後遺症が発生した場合において、その分の損害賠償を認めたケースがあるといいます。しかし、この場合最高裁までもっていかなければならないということのようです。そんな高いレベルで勝利を勝ち取っていかなければならないもののようです。

しかし、まだ方法は残されているという言い方が出来、まだまだ被害者には救われる余地があると解釈することが出来ます。実際に未だ、この後遺症の問題については、明確な答えが用意されていないというのも正解であり、今後、どのような対応に変化していくのかも判らないです。後遺症は、やっぱり後からこのように起こるものであり、後遺症だけ特別扱いにしても良いものなのではないかという思いもあります。

ただし、示談後の請求が認められるかどうかは今の所、判断には非常に難しいものがあるということは、お伝えしなければならないことです。だからこそ交通事故のとき、示談をしなければならないという時においてもっと慎重に向きあわなければならないということが言えます。

安易な示談は禁物なのです。後遺症の可能性もふまえて、少なくとも治療が完全に終了するまでは、示談をするのは避けたほうが良いのです。